経済産業省の萩生田光一大臣は、今年度補正予算で新設し、2兆8032億円を計上した中堅・中小企業・小規模事業者向けの「事業復活支援金」について、「1月31日週に申請受け付けの開始を目指す」方針を明らかにした。1月18日の閣議後の記者会見で語った。

 既に運営事務局を決定し、18日に申請手続きなどを記載した制度概要資料を公表した。「一時支援金や月次支援金は給付件数の約半数は申請から2週間以内、7割は4週間以内に給付した。今回の支援金もできる限り、審査を簡素化するなどして、早急に給付したい」という。

 同支援金はコロナ禍の影響を受けた中小企業などの事業継続を支援する目的で新設した。要件を満たせば、繊維・ファッション企業も支給対象となる。21年11月~今年3月のいずれかの月の売上高が基準期間同月比50%以上減少した事業者と30%減以上50%減未満の事業者が対象。支給上限額は50%以上減少した個人事業主(フリーランス含む)が50万円、法人で年間売上高1億円以下が100万円、1億円超~5億円が150万円、5億円超が250万円、30%減以上50%減未満の個人が30万円、法人で年間売上高1億円以下が60万円、1億円超~5億円が90万円、5億円超が150万円。