Loading

ブログ

プロが作る経営継続補助金申請書

1.目的

新型コロナウイルス感染症の影響を克服するため、販路の回復・開拓、生産・販売方法の確立・転換などの経営継続に向けた取組を支援します。
.

2.対象者

農業者
 ・個人
 ・法人
.

3.補助上限額

・単独申請  150万円
・共同申請 1500万円
.

4.補助の対象となる経費

①経営継続に要する経費(補助率3/4、最大100万円)
 (1)機械装置費等
 (2)広報費、展示会等出展費
 (3)旅費
 (4)開発・取得費
 (5)雑役務費
 (6)借料
 (7)専門家謝金、専門家派遣
 (8)設備処分費
 (9)委託費、外注費

 

②感染拡大防止に要する経費(補助率100%、最大50万円)
 (1)消毒費用
 (2)マスク費用
 (3)清掃費用
 (4)飛沫対策費用
 (5)換気費用
 (6)その他の衛生管理費用
 (7)PR費用

 

5.補助要件

補助対象経費の1/6以上を、
①作業員間の接触を減らすための省力化機械等の導入
②作業員間の距離を広げるための作業場や倉庫等のスペース統合やレイアウト変更
③人と人との接触機会を減らす販売方法(ネット販売、無人販売等)の開始

 

6.申請について

2次受付開始: 令和2年9月中旬~を予定
2次受付締切: 令和2年10月中旬を予定
.

7.申請書作成と申請代行

・農業経営相談所の専門家が「受かるポイント」を申請書に書きます。
・補助金申請のプロが申請書を作成します。
・必要な資料を電子データにします。
・申請書類が全部あるか確認してから申請します。
.

8.申請代行費用

・申請資料作成費 30,000円(税別)
 ※料金を口座に振り込み後、資料の作成に入ります。
  申請が不採択になった場合でも、返金はできません。

 

・成功報酬費
 ・不採択の場合 —–  0円
 ・採択された場合 —– 補助金額の10%
  (例)
   補助金 50万円の場合 —– 5万円
    〃  100万円の場合 —– 10万円
    〃     150万円の場合 —– 15万円 


  

9.申請書作者の経歴

行政書士 福士 昭夫

◆職歴
 青森県職員(昭和57年~平成31年)
 県庁、地域県民局で農林水産部、商工労働部に在籍


◆現在の肩書と保有資格
 ・青森県6次産業化アドバイザー
 ・青森県農業経営相談所 専門家
 ・(財)21あおもり総合センター 専門家
 ・中小企業庁ミラサポ 派遣専門家
 ・販路コーディネーター
 ・知的財産管理技能士
 ・情報処理技術者
 ・行政書士

◆令和2年度の実績
 ・小規模事業者持続化補助金申請支援(5件:全て採択)
 ・ものづくり補助金申請支援(1件:全て採択)
 ・経営革新計画書作成支援(作成中)
 ・ホームページ作成支援(5件)
 ・インターネット広告制作支援 他

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: バナー-1.jpg

現在、お問合わせ多数のため、先着順に申請させていただいております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせ電話-1.gif
上の画像を押すと電話をかけれます

下記のお問い合わせからは24時間受付中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせ.gif
下記に入力後、「送信する」を押してください

    ◆会社名(個人の方は入力不要)

    ◆お名前 (必須)

    ◆電話番号 (必須)

    ◆メールアドレス (必須)

    ◆ご相談内容

    関連記事

    1. 小規模事業者持続化補助金の申請を代行します!
    2. 小規模事業者持続化補助金(5/31版)
    3. 事業再構築補助金の概要
    4. 持続化給付金の支給について(青森県)
    5. 青森県内のサポカー補助金の申請を代行します!
    6. 融資・運転資金
    7. ものづくり補助金
    8. 持続化給付金 (4/27) 速報版
    PAGE TOP