Loading

ブログ

小規模事業者持続化補助金(5/31版)

  販路開拓を目指す方へ

・ブランド力を高めたい
・商品を宣伝したい
・ホームページを開設したい

そんな小規模事業者のあなたにぜひ活用していただきたい補助金があります。

それが「持続化補助金」です。

小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等の取組を支援する事業です。


◆補助額

 ・一般型:上限50万円
 ・コロナ特別対応型:上限100万円

◆補助率
 ※ 2/3や3/4というのは、国からもらえる補助金額の割合です。
 ・一般型(A型):2/3
 ・コロナ特別型(A型):2/3
   サプライチェーンの毀損への対応
 ・コロナ特別型(B型):3/4
   非対面型ビジネスモデルへの転換  
 ・コロナ特別型(C型):3/4
   テレワーク環境の整備


(支払例)
 ・一般型(A型)2/3

 ・コロナ特別型(B、C型)3/4

事業費 国の補助 自分
100万円 75万円 25万円 100万円
134万円 100万円 34万円 134万円
150万円 100万円 50万円 150万円
200万円 100万円 100万円 200万円

 

◆事業でやれるもの
(A型)
  ① 広報費
   ・ホームページの作成、改良
   ・動画制作
   ・チラシの作成
   ・広告掲載
   ・看板の作成
   ・その他広報に関するもの 

 
  ② 機械装置の購入
   ・急速冷凍庫の購入
   ・業務用オーブンレンジの購入
   ・業務用食器洗浄機の購入
   ・野菜カッターの購入
   ・その他事業の遂行に必要な機械等

 
  ③ 展示会等出展費
   ・新商品等の展示会出展費用
   ・会場までの運搬費
   
  ④ 旅費
   ・販路開拓等のための旅費
   ・宿泊代、電車賃、航空券代

 
  ⑤ 開発費
   ・新商品の試作や包装等の原材料購入代
   ・商品設計、包装デザインの外注費

 
  ⑥ 外注費
   ・店舗改装費、バリアフリー化工事費
   ・トイレ改修工事
   ・ガス、水道、排気工事
   ・移動販売車の内装、改造工事

 
  ⑦ その他
   ・資料購入費
   ・雑役務費
   ・借料
   ・専門家謝金、旅費
   ・設備処分費
   ・委託費
   

  補助金活用のイメージ

.

  成 果

・採択事業者の97.5%が客数増加がみられ、96.0%が売上増加を実感!
.

  活用例

① 通常型
 宿泊や飲食事業などを行う旅館で補助金を活用し、外国語版Webサイトや営業ツールを作成。
 この結果、問合せ件数が倍増、海外客の団体旅行予約も2割程度増加。

② コロナ特別対応型
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中でも、営業を継続するため、店内飲食のみであぅた洋食屋が、出前注文を受け付けるためのwebサイトを作成し、来店しない顧客への販売を開始。

  コロナ特別枠とは

補助対象経費の1/6以上が、以下のA~Cのいずれかに取り組むこと

 A型:サプライチェーンへの毀損への対応
 B型:非対面型ビジネスモデルへの転換
 C型:テレワーク環境の整備

  応募締め切り

 ・2020年8月7日(金)郵送必着

.

☑ そもそも補助金とは何かわからない
☑ 自分が欲しいもが該当になるかわからない
☑ いくらもらえるのかわからない
☑ 何を準備すればいいのかわからない
☑ 申請に必要な資料を作れない

行政書士アップル経営コンサル事務所では、申請困難な方への支援を行っています。.

 

   申請代行の料金

業務の概要 事前
調査費
申請資料
作成費
入金申請書
業務
内容
・市場分析調査
・同業他社調査
・経営計画書作成
・事業計画書作成 等
・提出資料チェック
・実績報告書作成
金 額 30,000円 補助金額の10% 20,000円

.

  料金の参考例

単位:円
補助金
申請額
事前
調査費
申請資
料作成
入金申
請書費
500,000
の場合
(A)   
30,000
(B)   
50,000
(C)   
20,000
(A+B+C)
100,000
1,000,000
の場合
30,000 100,000 20,000 150,000

・申請資料作成費(B)と入金申請費(C)は、
 採択後のお支払いとなります。
・消費税は別途料金となります。


  申請を依頼したい方へ

電子申請ができないあなたに代わり、資料の作成から申請までのすべてを行政書士にお願いしてみてはいかがでしょうか。

行政書士ではない人が依頼人から報酬をもらって官公署への申請書を代わりに作成すると、行政書士法違反となり罰せられますので気を付けてください。(他の法律に別段の定めがある場合は除きます。また、一部例外があります)

行政書士アップルでは、補助金申請に詳しく申請実績も豊富な行政書士が責任を持って代理申請いたします。


  行政書士 福士昭夫の経歴

生年月:昭和37年5月
出生地:青森県五所川原市


◆職歴
 青森県職員(昭和57年~平成31年)
 県庁、地域県民局で農林水産部、商工労働部に在籍


◆現在の肩書と保有資格
 ・青森県6次産業化アドバイザー
 ・青森県農業経営相談所 専門家
 ・(財)21あおもり総合センター 専門家
 ・中小企業庁ミラサポ 派遣専門家
 ・販路コーディネーター
 ・知的財産管理技能士
 ・情報処理技術者
 ・行政書士

◆趣味
 サッカー(サッカー歴40年)
 韓国、ドイツワールドカップ応援など


◆これまでの実績
 ・小規模事業者持続化補助金申請支援
 ・ものづくり補助金申請支援
 ・経営革新計画書作成支援
 ・ホームページ作成支援
 ・インターネット広告制作支援 他

  申請代行を弊社へ依頼するつのメリットとは

1.給付の対象に該当するか教えます
2.いくらもらえるのか教えます
3.申請書類すべてを作成します
4.電子データ化もお任せください
5.資料作成~申請まで全てお任せ
6.訪問も可能です (交通費等別途)  
7.即日で申請します
8.1日も早い給付を目指します
さらに、

現在、お問合わせ多数のため、先着順に申請させていただいております。

下記のお問い合わせからは24時間受付中!

下記に入力後、「送信する」を押してください

    ◆会社名(個人の方は入力不要)

    ◆お名前 (必須)

    ◆電話番号 (必須)

    ◆メールアドレス (必須)

    ◆ご相談内容

    関連記事

    1. 融資・運転資金
    2. プロが作る経営継続補助金申請書
    3. 事業再構築補助金の概要
    4. ものづくり補助金
    5. 事業再構築補助金 通常枠発表
    6. 小規模事業者持続化補助金の申請を代行します!
    7. 持続化給付金の支給について(青森県)
    8. 持続化給付金 (4/27) 速報版
    PAGE TOP