Loading

ものづくり補助金

ものづくり補助金がさらに
使いやすくなりました

「ものづくり補助金」
だからできること。

補助上限1,000万円または3,000万円、補助率1/2(原則)
で新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資を支援します。
※一般型は補助上限1,000万円、グローバル展開型は補助上限3,000万円
また、対人接触機会の減少に資する、製品開発、サービス開発、生産プロセスの
改善に必要な設備投資、システム構築等を支援します。
補助率2/3(低感染リスク型ビジネス枠)

誰でも使える。
生産性向上を目指すなら。

以下の要件を満たす事業計画(3~5年)を策定・実施する
中小企業等※なら、どなたでもご応募いただけます。

要件①:付加価値額
+3%以上/年

要件②:給与支給総額
+1.5%以上/年

要件③:事業場内最低賃金
地域別最低賃金+30 円

※業種によって定義が異なりますが、製造業の場合は、資本金3億円以下又は従業員300人以下の企業を指します。
また、革新性や事業性等の審査がございます。年によって異なりますが、例年は2~3倍程度の採択倍率です。

かつてない「使いやすさ」へ。

データ連携や海外展開等の高度な取組や事業計画策定を支援できるメニューを用意

最適なタイミングでの申請、十分な準備・事業期間の確保が可能に

あらゆる補助金の手続を一つのポータルサイトに集約
(J-Grants)

新型コロナウイルス感染拡大に対応し、ビジネスモデルの転換に取り組む事業者向けに低感染リスク型ビジネス枠(新特別枠)を創設

活用例

事例①(通常枠)

  • ・複数形状の餃⼦を製造可能な餃⼦全⾃動製造機を開発。
  • ・「⾷べられるクッキー⽣地のコーヒーカップ」の製造機械を新たに導⼊。

事例②(低感染リスク型ビジネス枠)

  

物理的な対⼈接触を減じることに資する⾰新的な製品・サービスの開発
(例AI・IoT等の技術を活⽤した遠隔操作や⾃動制御等の機能を有する製品開発(部品開発を含む)、
オンラインビジネスへの転換等)

新しいメニューで、
様々な取組に対応。

予算 事業類型 概要 補助上限 補助率
R1補正予算・ R2補正予算 (ものづくり・ 商業・サービス 生産性向上 促進事業) ※個者 ※中小機構が 実施 一般型 新製品・新サービス開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援。(通常枠) 1,000万円 中小1/2 小規模 2/3
新型コロナウイルスの感染拡大が継続している中で、社会経済の変化に対応したビジネスモデルへの転換に向けた前向きな投資を支援。(低感染リスク型ビジネス枠) 1,000万円 2/3
グローバル展開型(新) 海外事業(海外拠点での活動を含む)の拡大・強化等を目的とした設備投資等の場合、補助上限額を引き上げ。 3,000万円 中小1/2小規模2/3
ビジネスモデル構築型(新) 中小企業30者以上のビジネスモデル構築・事業計画策定のための面的支援プログラムを補助。(例:面的デジタル化支援、デザイン経営実践支援、ロボット導入FS等) 1億円 大企業1/2
上記以外2/3
R2当初予算 (ものづくり・ 商業・サービス 高度連携 促進事業) ※連携体 ※経産省が実施 企業間連携型 複数の中⼩企業等が連携して行う高度なプロジェクトを最大2年間支援。(連携体は5者まで) 2,000万円/者 中小1/2小規模2/3
サプライチェーン効率化型(新) 幹事企業が主導するサプライチェーン全体を効率化する取組を支援。(連携体は10者まで) 1,000万円/者 中小1/2小規模2/3
PAGE TOP