事業者の皆様へ! 事業復活支援金の事前確認と申請の支援ならお任せください。

事業復活支援金の申請が1/31の週から始まります。

〇法人は上限最大250万円を給付

〇個人事業主は上限最大50万円を給付

※2022年3月までの見通しを立てられるよう、コロン禍で大きな影響を受ける事業者に、地域・業種問わず、固定費負担の支援として、5か月分の売上高減少額を基準に算定した額を一括支給します。

※上限額は、売上高に応じて三段階。売上高30%~50%の減少の上限額は、売上高50%以上減少の上限額の6割となります。

支援金の対象者
コロナの影響を受けた法人、個人事業主
2021年11月~2022年3月のうち1ヵ月を選び、その月の売上が過去3年前の同じ月と比較して30%以上減少した場合
給付額 基準期間の売上-対象月の売上×5
基準期間 2018年11月~2019年3月か2019年11月~2020年3月か2020年11月~2021年3月のうちから1つ選ぶ
対象月 2021年11月~2022年3月のうちの1ヵ月を選ぶ
給付上限額
売上減少率 個人
事業者
法人 年間売上
1億円以下 1億~5億 5億円以上
△50%以上 50万円 100万円 150万円 250万円
△30%~50%未満 30万円 60万円 90万円 150万円

本当にもらえるの?
いくらもらえるの?

試算例を作ったよ!

仮に、2018年から2022年1月までの売上が次のとおりだったとします。

年 月
2021~2022 21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
売上 11 10 14
2020~2021 20/11 20/12 21/1 21/2 21/3
売上 9 12 13 8 10 52
2019~2020 19/11 19/12 20/1 20/2 20/3
売上 13 15 18 14 15 75
2018~2019 18/11 18/12 19/1 19/2 19/3
売上 17 21 24 18 21 101

まずは、

①2021年11月~2022年3月と1年前の2020年11月~2021年3月から比較しよう

年 月
2021~2022 21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
売上 11 10 14
2020~2021 20/11 20/12 21/1 21/2 21/3
売上 9 12 13 8 10 52

・2021年11月~2022年3月と1年前の2020年11月~2021年3月で比較

・現在、2022年1月なので、2021年11月~2022年1月のうちで、30%以上減少しているか確認
・11月=(9-11)—— 増えているので ✕
・12月=(12-10)÷12=16.6%<30% —– ✕
・  1月=(13-14)—– 増えているので ✕
よって、1年前の比較ではもらえない

次に、
②2022年と2年前の2020年との比較をします

年 月
2021~2022 21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
売上 11 10 14
2019~2020 19/11 19/12 20/1 20/2 20/3
売上 13 15 18 14 15 75

・2021年11月~2022年3月と2年前の2019年11月~2020年3月で比較

・現在、2022年1月なので、2021年11月~2022年1月のうちで、30%以上減少しているか確認
・11月=(13-11)÷13=15.3%<30% —– ✕
12月=(15-10)÷15=33.3%<30% —– 〇
・  1月=(18-14)÷18=22.2%<30% —– ✕
よって、2年前の比較では30%~50%に入っているので、最大で30万円となりますが、確定したわけではありません。

次に、実際にいくらもらえるかの計算に入ります。

年 月
21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
11 10 14
19/11 19/12 20/1 20/2 20/3
13 15 18 14 15 75

2019年11月~2020年3月の売上合計は75万円
・2021年12月が該当月で、売上が10万円
(計算式)
・75-(10✕5ヵ月)=25万円
・最大30万円と25万円とを比較し、少ない方が支給額となります
よって、
・支給額は25万円となります

このままでは、満額の50万円がもらえないので、さらにもう1年前を比較します

次に、
③2022年と3年前の2019年との比較をします

年 月
2021~2022 21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
売上 11 10 14
2018~2019 18/11 18/12 19/1 19/2 19/3
売上 18 24 21 18 20 101

・2021年11月~2022年3月と3年前の2018年11月~2019年3月で比較

・現在、2022年1月なので、2021年11月~2022年1月のうちで、50%以上減少しているか確認
・11月=(18-11)÷18=38.8%<50% —– ✕
12月=(24-10)÷24=58.3%<50% —– 〇
・  1月=(21-14)÷21=33.3%<50% —– ✕
よって、3年前の比較では50%以上となっているので、最大で50万円となりますが、確定したわけではありません。

次に、実際にいくらもらえるかの計算に入ります。

年 月
21/11 21/12 22/1 22/2 22/3
11 10 14
18/11 18/12 19/1 19/2 19/3
17 21 24 18 21 101

2018年11月~2019年3月の売上合計は101万円
・2021年12月が該当月で、売上が10万円

(計算式)
・101-(10✕5ヵ月)=51万円
・最大50万円と51万円とを比較し、少ない方が支給額となります
よって、
・支給額は50万円となります

以上は、個人事業主の場合を試算した結果ですが、法人も同様に計算してみてください。
個人事業主と法人の違いは、最大支給額ですので、そこさえ間違えなければ支給額がわかるかと思います。

☑申請支援
本申請は、インターネットを使ったオンライン申請を予定しております。
パソコンが苦手な方、インターネットがつながっていない方、申請方法がわからない皆様へ、当事務所では申請の支援を行っています。

☑申請代行
当事務所では申請者に代わり、申請の代行を行いますので、気軽にお問合せください。
弘前市末広2丁目1-2 佐藤惣ビル2階
電話 0172-40-3707

☑申請代行可能エリア
青森市、弘前市、五所川原市、黒石市、平川市、つがる市、板柳町、藤崎町、大鰐町

※お問い合わせはこちら

    アクセス